海岸復興之碑・天皇皇后両陛下御野立所の碑   豊川市御津町大草
昭和28年9月25日夕刻、18日にグアム島沖で発生した台風13号が三河湾を直撃、海岸線は延べ2.8Kmにわたって決壊、御津町に大きな被害をもたらした。
海岸の復興ができると、昭和32年4月11日に天皇・皇后両陛下が御視察され、この行幸を記念して昭和32年10月、ここに碑が建てられた。 そして、道路を挟んだ左手には、天皇皇后両陛下御野立所の碑がある。
その後、昭和34年(1959)9月26日 には、台風15号(伊勢湾台風)が来襲、御津町は再び大きな被害を受けている。
昭和32年、天皇・皇后両陛下は蒲郡市を訪れ、その時に詠んだ歌碑が 形原神社 にある。
 台風13号  台風15号(伊勢湾台風) 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年02月09日更新 】
PHOTO-1

海岸復興之碑

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

天皇皇后両陛下御野立所

PHOTO-6

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ