彦坂代官所跡(東上代官所跡)  豊川市東上町大屋敷32-5  
1,600年頃、彦坂九兵衛定次が代官を務めた頃の東上村代官所跡だか、遺構はない。 
彦坂九兵衛は、妙劉寺を開創したり、豊川の洪水を恐れて、わくぐり神社 を現在の地に移したりしている。 また、近くの新城市野田には、彦坂代官之廟 がある。
国道151号沿いにある東上郵便局前の信号を南下し、150m程進むと右手に草木の茂った藪があるが、車の中から眺めただけでは分らない・・・・
車から降りて、茂みの中をよ〜く見ると石柱が確認できる。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年07月13日撮影 】
PHOTO-1

東上郵便局前の信号を南下した右側、この茂みの中にある。

PHOTO-2

茂みの中を覗き頃と微かに見える。

PHOTO-3

草木を掻き分けて撮影・・・・

PHOTO-4

残念ながら、文字は読み取れない・・・・

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ