佐脇城跡   豊川市御津町下佐脇郷中             昭和44年 2月3日  市指定史跡
南北朝時代に佐脇氏によって築かれ、戦国時代には三河に進出した今川氏の勢力下に入っていたが、永禄5年(1562)松平元康〔家康〕が奪い佐脇安信を城主とした。 その後、三河一向一揆の最中に今川氏が奪還したが、永禄7年(1564)に再度松平氏が奪い返し、佐脇刀禰太夫(とねだゆう)を城主とした。 しかし、天正3年(1575)の長篠の戦いで討死し、廃城となる。 佐脇刀禰太夫(佐脇刀祢太夫)の墓 は、ここから少し南東に行った行者堂の横にある。
現在は、この地も新興住宅街となって城跡の面影は失われ、公園の中に碑が残るのみとなっている。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ