大沢城跡 ・ 12等級 秋葉神社 豊川市御津町豊沢44・45番地
南北朝期(1336〜1392)からの波多野氏の居館で、築城は波多野近吉 とされている。  戦国時代は 一色城 の一色氏に使えたが、主君である三河守護一色刑部少輔を討って、のち、牧野古白に討たれた波多野全慶(時政)はここの出身。
秋葉神社の隣の敷地に、道沿いに土塁が残っている。 チョッと見には雑木林のようだが、近づいて見ると土塁であることがはっきりする。 土塁の奥は柿畑になっていて中に入ることは出来ない。

波多野 全慶  牧野古白 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年08月03日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

 (9)
(10)

 (11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ