野口城跡   豊川市野口町宇割池
1440年頃に築城され、細川民部大輔教春、板倉主水、印宮甚蔵等が居城したと言うが、詳細は不明。
市営野口住宅の道路を挟んだ西側、比高40m程の小山にあり、曲輪、堀、土塁、堀切等が残る。
野口住宅の南に割池があり、道路から石段を上がって行くことができる。 石段を上がったら山の方に行くのではなく、上がった所から左廻りに池に沿って進み、池の西側から山を目指す。
東三河の城跡 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年11月04日撮影 】

(1)野口城の遠望。右に見える建物は、市営野口住宅。

(2)この石段を上がる。

(3)石段を上がったら、フェンスに沿って左に向かう。

(4)フェンスに沿って西に向かう。蔓草に足を捕られないように注意!

(5)この時期、池には水鳥がいっぱい・・・・・

(6)割池の西側を北に進む。

(7)フェンスが無くなり、右側は割池。

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ