河原田遺跡   豊川市御津町上佐脇西区178 昭和44年(1969)2月3日  市指定史跡
昭和7年頃に地元の方が家を建てるためにこの付近の土地を掘ったところ土器が出てきて、その後、昭和40年の調査等で多くの石器や土器が発見され、縄文後期から弥生後期にかけての集落の遺跡と考えられている。  
現在は一面、田圃となっていて遺構は見当たらない。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ