観音山古墳  豊川市小坂井町大塚52
古墳時代後期の円墳で直径約19m、頂上に石碑と祠が建ち、大木が茂っている。
この古墳の石が吉田城 の修築に使われ、その残りの一部が中央に建っている石碑と言われている。
平成9年3月3日   市指定史跡
2005年1月には西側の道路から直接古墳の所に行けたが、今は民家が建って入れない。 南側の道路の写真(1)の所から入る。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年03月10日更新 】

(1) 今はここから入るしかない

(2)

(3)

(4)  写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ