11等級 国府進雄(すさのお)神社と節分厄除祈願祭    豊川市国府町寒若寺106番地
国府町にある進雄神社の創建は、棟札に元和10年(1624)3月7日、奉新造立天王社とあり、山城国祇園社よりの勧請という。 そして、明治制度改めにより進雄神社と改称。 祭神は素盞嗚命で、例祭日は国府祭りの3週間前の日曜日。
毎年節分の日の午後1時から、その年の本厄にあたる42歳と25歳の男性、33歳と19歳の女性の善男善女の厄払を行う祭典が行われる。
祭典が終わる頃にはいつの間にか境内に大勢の人たちが集まり、終わると同時に、何故か一斉にお賽銭をあげに拝殿に向かう・・・
そして、午後2時、太鼓の合図と共に豆撒きが始まる。
山城国  祇園社  詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年02月03日撮影 】
PHOTO-1

進雄神社

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

稲荷大明神

PHOTO-11

南田天神

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

PHOTO-17

PHOTO-18

PHOTO-19

PHOTO-20

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ