進雄神社   豊川市当古町野中66番
嘉承元年(1106年)疫病流行し、住民が京都祇園社の分霊を請け祀ったのが始まりという。
祭神は須佐之男尊、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、五男三女神(ごなんさんにょしん)で、例祭日は10月第3日曜日。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年09月02日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ