12等級 神明社と歌舞伎小屋   豊川市金沢町宮北26番
神明社は慶長20年(1615年)3月26日創建で、豊受姫命を祭神とする。 例祭日は4月第一日曜日。
鳥居をくぐると右手に歌舞伎の舞台として使われていた建物が残っている。 江戸時代末期から明治時代に至るまで、神明社の祭礼としてここで歌舞伎が演じられていたという。 これが後の金沢歌舞伎となり、現在の赤坂の舞台で演じられている。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年03月16日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

歌舞伎小屋 
昔はここで歌舞伎が演じられていた

PHOTO-6

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ