引馬神社・山伏塚・御馬湊道標   豊川市御津町御馬梅田3番地
正暦年中(990年~994年)西京八坂神社の神霊を勧請し祀ったのが始まりで、その後、御馬城細川政信 が再興し、明治制度改めにより牛頭(ごず)天王社を引馬神社と改称して現在に至る。 祭神は、素盞嗚尊、五男三女神、大己貴命、稲田姫命、毒蛇神。
社務所の前には、御馬城攻略の時の戦死者を埋葬したという山伏塚があり、その横には、「右 みなと道  左 よし田道」と書かれた道標がある。これは、元々は御馬湊へ行く道の入り口に建っていたものだが、この道が舗装工事された時に、ここに移されたという。
毎年8月の第1土・日曜日には、昭和45年 3月19日  市指定無形民俗文化財笹踊り・七福神踊り が行われる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年01月31日更新 】

(1) 西側の鳥居

(2)

(3) 北側の鳥居

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)山伏塚

(12)御馬湊道標「右 みなと道  左 よし田道」

(13)写真をクリックすると、拡大表示されます

(14)写真をクリックすると拡大表示され、もう一度クリックすると元に戻る

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ