大和の大いちょう(豊津の大イチョウ)   豊津町割田56
大和の大いちょう(豊津の大イチョウ)は、高さ 約25m、枝は水平方向に10m以上あるという大銀杏。
毎年11月下旬には黄色く色づき、地域の人たちに親しまれていたが、新聞やテレビで紹介されてから、多くの人たちが訪れるようになった。
しかし、2009年10月8日の台風18号(メーロー台風)では大打撃を受け、可哀そうな姿に・・・・ でも、翌年の春には、緑の葉をいっぱいつけていました。写真では、下に小さく人の姿が写っています。これで、この木がいかに大きいか推測して下さい 。
   イチョウの黄葉は、ここでも楽しめます。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2010年11月28日更新 】

(1)過去の勇壮な姿も・・・

(2)台風18号で可愛そうな姿なったが・・・

(3)それでも翌年には緑の葉をつけ・・・

(4)例年通り黄葉が楽しめる

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ