成徳寺とサルスベリ 豊川市西原町松葉29-1
曹洞宗の寺院で、山号は常楽山。
門の前に立つと、正面で百日紅の花が大手を広げて迎えてくれる。 新城市の 宝珠院の百日紅 と肩を並べる大木で、8月の中頃に鮮やかなピンク色の花が満開となる。
また、成徳寺の西側には、西原館の跡 が残っているが、これは 三河の守大江定基 の妻女の館跡で、境内にあるお荒神様は、その妻女のお墓だという。     一宮町むか志ばなし「 成徳寺の大濠と尼御所
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2012年08月07日撮影 】

(1)入口正面にサルスベリの大木が・・・

(2)

(3)

(4)お荒神様 【 2020年1月18日追加】

(5)

(6)西原館の大濠

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ