赤塚山公園のモミジバフウ(紅葉葉楓)   豊川市市田町東堤上1-30
赤塚山公園アニアニまある の南にある駐車場脇に、数本のモミジバフウの木がある。
春には若葉と共に花が咲き、夏には緑の葉が生い茂り、トゲトゲした実が生る。そして、秋になると派手に紅葉し、その色の鮮やかさは、周辺の道路からでも確認できる。
トゲトゲの実がいっぱい生っているけど、冬になると、葉が落ちて茶色く色付いた実は、春の花よりも目立つ。
  モミジバフウの紅葉は、ここでも楽しめます。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 
春には若葉が出て、雄花、雌花が咲く 【 2020年4月15日撮影 】

(1)

(2)

(3)上向に咲く雄花と、下向きに垂れ下がる雌花

(4)

(5)

(6)
夏には緑の葉が生い茂り、トゲトゲの実が生る 【 2020年8月1日撮影 】

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)モミジの様な葉 → もみじ葉風(モミジバフウ)

(13)

(14)
秋には真っ赤に紅葉する 【 2019年11月21日撮影 】

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)実もいっぱいに生る

(21)

(22)
冬になると葉が落ちて、茶色い実が、まるで花が咲いているみたい・・・【 2021年1月8日撮影 】

(23)

(24)

(25)

(26)

(27)

(28)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ