寅蔵の墓とゆかりの松      豊川市大木町荒屋
県道498号三蔵子一宮線を北上し、甚左橋の手前から帯川沿いに川上に進むと、折戸橋を過ぎた所に共同墓地がある。
この墓地の中に、松の木と共に、法名「独遊吟歩善男」と書かれた中村寅蔵の墓があり、「 寅蔵の墓とゆかりの松 」の伝説が伝わっている。
松の木はまだ若い木なので、2代目か3代目になるだろうが、墓石の前には今でも真新しい花がいっぱい供えられている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年01月17日撮影 】

(1)帯川沿いに墓地がある

(2)

(3)松の木は2代目か?

(4)法名「独遊吟歩善男」もハッキリ読み取れる

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ