平井亀吉(雲風亀吉)の墓  豊川市御津町下佐脇字是願
「東海道にゃいい親分がいるぜ。 三州寺津の間之助、西尾の治助、宝飯郡の雲風亀吉、御油の源六なんてったらすごいからな〜・・・」 と唄われたご存知広沢虎蔵の浪曲。 ここに出てくる平井亀吉(風雲亀吉)は文政11年(1829)旧小坂井町平井の生まれ。 
江戸大相撲の清見潟部屋で四股名を「雲風」といい、序二段十九枚目で相撲廃業後、東三河の博徒、平井一家の親分となる。
北越戦争に従軍後、士族に登用され、晩年下佐脇の地に住んで、明治26年(1893年)3月24日、66歳で没。  
清水次郎長に襲われたときに落命した子分の墓、無縁法界の墓は平井共同墓地にある。
北越戦争 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年1月13日撮影 】

(1)

(2)

(3)背後には生垣があったが・・・・・

(4)今はスッキリ!【 2018年06月23日撮影 】

(5)要義院大乗法雲居士

(6)士族 平井亀吉

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ