東雲寺・中瀬古館址     豊橋市野依町字中瀬古43
嵩山寺 の道路向かいにある臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は陽光山、本尊は十一面観音。

東雲寺の境内一帯は、寛正年間(1460~66年)頃の畔田氏の館(中瀬古館)址で、墓地の黒いフェンスの南側に土塁の一部が確認できる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年04月09日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)地藏堂

(5)薬師堂

(6)
黒いフェンスの南側に土塁が確認できる【 2021年1月7日撮影 】

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ