しあわせ地蔵    豊橋市東大清水町西大縄手
広々とした田園地帯の三叉路にポツンとたたずむ「しあわせ地蔵」。
250年ほど前に作られお地蔵様が草の中に埋もれていたものを見つけ、昭和52年地元の人たちが新しくたてたもの。
中には千羽鶴が飾られ、お供え物が供えられているが、決して月日の経ったものではなく、日常的に手入れがされている様子。 春と秋にはお地蔵様祭りが行われるとか・・・
  「しあわせ地蔵」の民話 はココをクリック
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ