岩屋観音    豊橋市大岩町字火打坂
天平2年(730年)、行基が千手観音像を刻んで岩窟に安置したのが起源とされている。観音堂の横に岩窟があり、その岩屋山の頂には、聖観音立像がある。岩窟の左手から登り口があり、ゴツゴツした岩場を登って行くと、観音像のすぐ下まで行くことが出来、眼下には二川の街が広がる。

豊橋の民話 「 岩屋の観音様
東三河の寺院 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年01月10日撮影 】

(1)

(2) 観音堂(岩屋堂)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8) 下から見上げる観音像

(9)

(10) ここを登って行く・・・

(11)

(12)

(13) 頂上にそびえる観音像

(14)

(15) 眼下に二川の町を見下ろす

(16)

(17) 帰りはここを下って行く

(18) 途中で振り返るとこんな感じ

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ