玄超院  豊橋市下五井町西屋敷14-1 このページを印刷
曹洞宗の寺院で、山号は夷高山、東三新四国八十八ヶ所38番霊場
門柱の前には、左右それぞれに猿の石像がある。お寺で良く見かけるのは「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿だが、門前の左右に一対あるということは、神社の狛犬と同じ役割を担っているのだろうか? それにしても、今までお寺でこのような猿を見かけた記憶は無い・・・
また、本堂の前には百度石もある。神社ではよく見かけるが、これも、お寺では珍しい・・・
東三河の寺院   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年12月22日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ