12等級 素盞嗚神社(野田町)のクスノキ    豊橋市野田町宇野田103番地
素盞嗚神社は応仁元年(1467年)、牛頭天王を勧進したのが始まりという。 祭神は素盞嗚尊で、例祭日は4月7日。
境内左手には、幹周り約 4.3m、樹高 23.7m、推定樹齢 200年以上の楠木が、神社のシンボルとして大きな枝を広げている。
「とよはしの名木・巨木 100選」(38) に選ばれている名木。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2011年11月16日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ