12等級 塩釜神社のクロガネモチ    豊橋市大山町字東大山18番
塩釜神社の創建は室町時代の明応年中(1490 - 1500)と伝えられる。 祭神は国常立命、怒猛神、猿田彦命、太田命、氣多命、奥玉命で、安産の神として尊び敬い、参拝客も多いという。 例祭日は11月3日。
神社の南角には豊橋市で最も太いクロガネモチの大木があり、樹高 約16m、幹周り約3.3m、推定樹齢 100年以上で、とよはしの名木・巨木100選(93) に選ばれている。
神社の前の道路、県道31号東三河環状線の脇にあるので、車の中からでも確認できる。
クロガネモチ 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年03月19日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ