浄慈院のサルスベリと筆塚    豊橋市花田町字百北68-1
浄慈院は浄土宗西山禅林寺派の寺院で、山号は多聞山。天和年間(1681〜1683)に建立され、当初から寺小屋を開いていたため、本堂左手には筆子たちの手による筆塚が残っている。
本堂に向かって右手に太く大きなサルスベリ(百日紅)の木がある。高さ 6.3m、幹周 125-80cm、枝張り 5.5m×7m、推定樹齢 250年以上で、市内のサルスベリの中ではもっとも大きく 「とよはしの名木・巨木 100選(54)」に選ばれている。
また、浄慈院の地蔵堂は、 平成20年 10月30日、  市指定文化財 になっている。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年09月06日撮影 】

(1)

(2)

(3)地蔵堂

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

(5)本堂の前には百日紅の木がある

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)筆塚【 2018年5月18日撮影 】

(16)筆地蔵

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ