菩提寺のウラジロガシ    豊橋市石巻中山町奥屋22
菩提寺は臨済宗 妙心寺派の寺院で、東三河四郡弘法大師73番霊場
境内の奥に 幹周 3.5m、樹高 18.6m、枝張り 19.4m×19.1m、推定樹齢 300年以上で、豊橋市ではもっとも大きく、とよはしの巨木・名木百選(13) に選ばれているウラジロガシがある。 葉の裏が白いことからこの名が付いたという。 老木の風格を持ち、途中で枝が折れて真横に倒れたままの姿が痛ましい。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年10月17日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ