山田宗偏邸址碑   豊橋市今橋町3-1 豊橋公園内
江戸前期の茶人。 茶を千宗旦(そうたん)に学んで皆伝をうけ、宗旦四天王の1人となる。京都鳴滝に住んだが、明暦元年、三河吉田藩主小笠原忠知の茶頭となって30石5人扶持をうけて吉田に移住。 この時の住まいの址が、豊橋公園 児童遊園地の一角にある。
元禄10年(1697)、職を辞し江戸本所に移り宗偏流を開く。ここに赤穂義士が出入りし、吉良上野介の茶会の日取りを聞き出したという。 
宝永5年(1708)4月2日死去。82歳。

山田宗偏  宗偏流 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年06月14日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ