豊橋市地下資源館    豊橋市大岩町字火打坂19-16
昭和55年11月、国際児童年記念事業の一環としてオープンし、世界の鉱物・鉱石、金属材料、地下資源、海洋開発、エネルギーに関する展示が行われている。展示のテーマは「資源とエネルギー」。
石油タンクをイメージした建物と、入口の三重県紀州鉱山の坑道を模した導入トンネルが印象的。
また、隣には 豊橋市視聴覚教育センター が併設されており、視聴覚センターの展示室から直接入場することができる。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7
PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ