石川繊維資料館    豊橋市東小田原町109-1
明治末期ごろから実際に使用された製糸の道具や機械・養蚕具・ガラ紡機・織機・糸車や繊維関係の浮世絵が展示されている私設資料館。
1Fから3Fまで、所狭しと並べられた繊維関係の機械は、日頃から手入れがされており、黒光りしている…。 ただ機械が展示してあるだけの博物館と違い、館長の案内で、実際に機械が動く様子も見ることが出来、機械に触ることもできるのが素晴らしい。
また、蚕から繭を紡ぎ、絹糸にするまでの過程も興味深い。 糸車、機織り機や、炭火を入れて使うアイロンなど、遠い昔の微かな記憶が甦ってくる…。 豊橋の蚕糸業を支えてきた機械・器具が一堂に集められた感じがすばらしい。 入館は無料。       東三河の資料館・博物館へ
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年10月06日撮影 】

(1)石川繊維資料館と石川館長

(2)

(3)

(4)ガラ紡機

(5)

(6)真田機:実際に真田紐が編める

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)繭

(15)

(16)

(17)

(18)養蚕と繊維の浮世絵

(19)

(20)

(21)

(22)

(23)
(24)炭火アイロン

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ