西川城跡  豊橋市石巻西川町城山  このページを印刷
天文年間(1532-55)五本松城 西郷氏の支城で、西郷清員 が築城し、松平清康、今川義元、徳川家康 に仕えた。
その後、清員の子西郷家員 が本家を相続し、天正18年(1590)に家康の関東移封に従って下総へ移り廃城とな.る。
現在は、かたくり山 として多くの人を楽しませている。
東三河の城跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 【 2012年08月03日撮影 】

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)ここはカタクリ山でもある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ