10等級 車神社古墳     豊橋市植田町八尻36-2
車神社の創建は神亀2年(725年)9月という。 武甕槌命(たけみかづちのみこと)、宇迦御魂命(うかみたまのみこと)、罔象女命(みずはのめのみこと)、大雀命(おおさぎのみこと)、伊射波止美命(いざわとみのみこと)を祭神とし、例祭日は10月第4日曜日。
境内にある古墳は、古墳時代後期6世紀頃の全長 42m、前方部幅14.5m、長24m、高さ2.75m、後円部径17.5mの規模の前方後円墳で、横穴式石室からは勾玉や管玉などが出土し、県の文化財に指定されている。  現在の車神社は、この後円部の上に建っている。
おしいばち 」の民話が伝わり、例祭日の早朝には「おしいばち」の行事が行われる。
前方後円墳 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年05月31日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9) 車神社古墳

(10) 社殿の東側にあるこの石は、横穴式石室の石材だったとのこと。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ