権現山古墳     豊橋市石巻本町別所北入田
標高68mの権現山に、3世紀後半に築造された前方後円墳で、全長33m、後円部径24.6m、高さ3m、前方部長10.2m、幅8m、高さ1.8m。 さらに、ここより下った所に1号墳があることになっているが、残念ながら、今回は辿り着くことができなかった・・・・・
昭和48年 4月4日  県指定史跡


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年03月08日撮影 】
PHOTO-1

豊川市権現調整池の貯水タンクの横の
ゆるい坂を上って行く

PHOTO-2

突き当りの門柱とガードレールの間に隙間がある

PHOTO-3

フェンスの横を進む

PHOTO-4

フェンスに沿って山頂を目指す

PHOTO-5

PHOTO-6

どんどん進む

PHOTO-7

PHOTO-8

もうじき墳頂だ

PHOTO-9

PHOTO-10


PHOTO-11
H.H様
豊橋の古墳「権現山古墳」に行ってきましら、貴HPの内容と変わっていましてタンク手前より案内板が整備されていて、虎縞ロープも張ってあり分りやすくなっていました。「権現山2号墳」もすぐに分りました。今は柿の収穫が始まりましたが柿畑の中を気分よく歩いて行ってきました。ただし、草の種がズボンに付いてしまい後処理が大変でした。
情報、ありがとうございました。 

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ