東田古墳     豊橋市御園町

東田神明社の西50m程の所にある5世紀頃に造られた前方後円墳で、全長40m、前方部幅16m、高さ4m、後円部径20m、高さ3m。
現在は、墳丘の上に御嶽社が建っているが、この社造営の時に、鏡と直刀が出土したという。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年03月03日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ