8等級 八所(やところ)神社    豊橋市大村町字横走155番
八所神社は天文20年(1551)4月12日、八王子社として創建されたが、明治17年5月に八所神社と改称し現在に至る。
祭神は田心姫命(たこりびめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、天穂日命(あまのほひのみこと)、天津彦根命(あまつひこねのみこと)、活津彦根命(いくつひこねのむみこと)、熊野久須毘命(くまののくすびこのみこと)。     豊橋の民話「 松原用水をつくった人
3月第4日曜日の例祭日には9時から笹踊りが奉納されるが、この頃は第一鳥居の前後は満開の桜に囲まれる。 
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年02月06日撮影 】

(1)

(2) 春には桜が満開!

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ