12等級 白土神社    豊橋市嵩山町字宮下109番
創建は嘉暦年間(1326 - 28)で、祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、仁徳天皇、例祭日は4月9日。
境内には廻り舞台のついた芝居小屋が、当時のままの姿で残されている。 昔は祭礼の時、千両役者を招いて芝居が行われ、村人は弁当や酒を持参で、境内に敷いたムシロに座って芝居を楽しんだという。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年01月04日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)芝居小屋

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ