貴舩神社の交通壕 豊橋市西赤沢町字郷ノ内169番
貴舩神社の本殿裏の森の中に、北に向かって溝が掘られている。
「交通壕」と呼ばれる溝で、太平洋戦争の時に、アメリカ軍が表浜の海岸に上陸した時に、敵の背後から攻撃しようとして掘られたものだが、実際には上陸することなく終戦を迎えたという。
東三河の戦争遺跡 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年02月07日撮影 】

(1)ここから森の中に入って行く

(2)

(3)北に向かって溝が残っている

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ