10等級 神富(かんとみ)神明社     豊橋市神野新田町ソノ割20
明治26年(1893) 神野新田を開発した神野金之助が、神野新田に入植した人々の心の支えになるようにと明治28年(1895)に建てられた神社で、天照大神を祭神とし、例祭日は10月15日。 神野新田は、翌年、明治29年(1896)に完成している。
境内には、神野新田の開発に尽力した3人の翁(神野金之助、神野三郎、富田重助)の頌徳碑が建てられている。  
ちなみに、神野金之助は名古屋電気鉄道(現名古屋鉄道)の設立者で、東海汽船、福寿生命保険社長。 神野三郎は豊橋瓦斯(現中部ガス)の設立者 とのこと。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
   

(1)

(2)

(3)

(4)神野金之助翁頌徳碑

(5)富田重助翁頌徳碑

(6)神野三郎翁頌徳碑(道路向かいにある)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ