秋葉神社    豊橋市東新町11
桜ヶ丘公園の西側、住宅地の片隅に鎮座している神社。
鳥居も狛犬も無いが、社歴は古く、文政7年(1824年)に秋葉本山より分神を受けて建立。
そして、昭和20年(1945年)6月19日、B29による豊橋空襲の時も街の大半は焼失したが、この社殿だけは無疵で残ったという。
      ― ふるさと豊橋(豊橋市校区社会教育連絡協議会発行)より ―

このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年06月28日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ