・天伯橋  豊橋市高師本郷町太田
昭和14年(1939年)8月、第2次世界大戦の始まる直前、梅田川に最初に架けられた鉄骨の橋が、この天伯橋。
戦争が始まると、木の橋では戦車が通ることができないために鉄骨の橋にしたが、戦争中の鉄の供出の為に鉄製の欄干は取り外されて、木製の欄干になってしまったという。  ― ふるさと豊橋(豊橋市校区社会教育連絡協議会発行)より ―
今では鉄製の欄干に戻っているが、こんな狭い橋を戦車が通っていたのか????
東三河の橋 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年01月26日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)今では鉄の欄干に戻されている

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ