海軍橋    豊橋市大崎町平嶋2
豊橋バイパスの豊橋港ICから国道2号豊橋渥美線を南下し、海軍橋交差点を右折すると大崎島に入るが、ここは、昭和18年(1943年)4月に、有海町の遠浅の海を埋め立てて造られた旧豊橋海軍航空隊基地の跡地。 当時、国内で唯一の海上飛行場で、1,500mの滑走路が3本、1,000mの戦闘機用の滑走路が1本あったという。
この基地に入る所に架かる橋が海軍橋だが、今は2車線に道路拡張され、橋の名前も「平嶋橋」となっているが、この橋の北側半分が当寺のままで、橋の欄干が今のものと異なる。言ってみれば、橋の北側が「海軍橋」で、その名前は交差点の信号機に残っている。
東三河の戦争遺跡  東三河の橋 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年12月8日撮影 】

(1)交差点の東側に橋がある

(2)下流から橋を見る。左の歩道橋は海軍橋交差点

(3)下流側は現在の平嶋橋

(4)平嶋橋の欄干

(5)上流側が当寺のままの海軍橋

(6)海軍橋の欄干も当時のまま

(7)橋には「平嶋橋」の銘板があるが・・・・

(8)交差点の信号機には「海軍橋」の名前が残っている

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ