医王寺のサザンカ  豊橋市東細谷町字西島96
医王寺は曹洞宗の寺院で、山号は瑠璃山、通称「さざんか寺」として親しまれて、敷地内には1,000本以上の「 さざんか」が植えられている。
シンボルは本堂に向かって右手にある樹齢250年の山茶花の木で、茅葺の家をイメージして綺麗に剪定されている。
境内を取り巻く生垣もサザンカに囲まれているが、東西南北、一斉に開花・・・とはいかないので、11月〜翌年1月にかけて足繁く通ってみた。
「たき火」 の歌はここをクリック (ごんべ007の雑学村にリンクしています) パソコンの音量にご注意ください!

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年01月22日更新 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

シンボルのサザンカ

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

西側の垣根

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

境内のサザンカ

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

北側のサザンカ

PHOTO-15

PHOTO-16

PHOTO-17

PHOTO-18

PHOTO-19

さざんか園 【2013年1月10日撮影】

PHOTO-20

PHOTO-21

PHOTO-22

PHOTO-23

PHOTO-24

PHOTO-25

PHOTO-26

PHOTO-27

PHOTO-28

PHOTO-29

PHOTO-30

PHOTO-31

PHOTO-32

PHOTO-33

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ