忠興八幡神社と桜     豊橋市牛川町乗小路30
忠興八幡神社は貞享3年(1686年)頃の創建と考えられ、祭神は誉田天皇、天照大御神で、例祭日は10月16日。
4月になると参道から本殿周りがサクラの花に覆われる。  この神社は 高台にあるため、満開の桜越しに眺める景色は絶景!
また、この時期より少し前には、境内右手の 河津桜 を楽しむこともできる。
参道の途中には、「忠興」の名前の発祥となった観音様を祀る 一宝観音堂 がある。
   サクラの花は、ここでも楽しめます。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2012年04月07日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ