戸田宣光之墓    豊橋市岩崎町字森中
二連木城主戸田宣光 は今川方に属していたが、のちに今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれると、宣光の跡を継ぎ二連木城主となっていた戸田重貞は今川義元嫡男・今川氏真から離反し、徳川家康に従った。
その後、11代150年以上にわたり松本城主を務め、信濃松本藩最後の藩主で戸田松平家の松平光則(みつひさ) によって、二連木戸田家の領地であるここ岩崎の地に建てられたという。 石碑には、「丹波入道惟馨全香墳跡」の碑銘と宣光の略歴を記してある。

戸田 重貞 今川氏真 戸田光則(松平光則)  詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年02月24日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8) 戸田宣光の二連木城

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ