関屋町の庚申様   豊橋市関屋町135
湊町公園の東150m程の豊川堤にある。
戦国時代、武士や戦馬がこの地で死んで、その魂が関屋の川岸に迷ったため、色々な事故があったことから、昭和28年(1953年)に勢至観音菩薩を祀ったのが始まりという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年03月08日撮影 】

(1)向こうに見える橋は「とよばし」

(2)

(3)「南無妙法蓮華経」

(4)勢至観音菩薩

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ