潮音寺常夜灯   豊橋市小池町西海戸
潮音寺 の墓地の北に三叉路があり、その分岐点に常夜灯がある。 弘化四年九月吉日と読み取れるが、定かではない。 弘化4年が正しいとすれば1847年になり、江戸時代と云うことになる。
この常夜灯に向かって左の道が小松原街道で、右の道が田原街道だという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年02月18日撮影 】

(1)左が小松原街道、右が田原街道

(2)

(3)弘化四年?

(4)九月吉日

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ