蔦の渕   北設楽郡東栄町大字下田
とうえい温泉 の裏手、町を貫き流れる大千瀬川のほぼ中央にかかる幅約70m、落差約10mの大滝。
滝頭は硬い安山岩の柱状節理と、滝壺は柔らかい黒色砂岩の二層の境目でできたいる滝で差別浸食と言われている。
壮観なイメージが似ているところから「奥三河のナイアガラ」の異名がある。
蔦の渕には「 雨乞い」の民話が伝わり、展望台には 竜神の鐘 がある。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ