亀ヶ城跡  北設楽郡東栄町大字三輪字杉
室町後期に築城された伊藤小右京の城とされているが、詳細は不明だか、「 亀ヶ城と金堀山 」の民話が伝えられている。
国道151号を北上し、市原トンネルを過ぎて500m程行くと、左手に案内標識がある。 この案内標識に従って 長峯神社 まで行き、神社の西北の山が城跡となる。  以前は案内標識も無く分かり難かったが、今は神社の右手から登って、標識の所を左に進めば城跡に辿り着き、土塁や石積み跡等を確認することができる。
案内標識を設置して頂いたお陰で、3度目にしてやっと亀ヶ城跡に辿り着くことができました。  本当にありがとうございました・・・・・ m(__)m
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年11月18日撮影 】

(1) 写真をクリックすると拡大表示されます

(2)長峰神社を目指す

(3)神社の右手のこの道を進むと・・・・

(4)すぐにこの案内標識がある。

(5)左下に神社が見える。

(6)

(7)足元に気をつけて・・・滑ったら下まで転落・・・・

(8)本丸の虎口横には石積みが残る。

(9)土塁

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ