池大明神(諏訪大明神)  北設楽郡東栄町下田峯山
長養院 の北側にある池大明神は、金柴の諏訪大明神とも言われ、佐々木家の先祖が金柴へ移住の際、諏訪大社より迎えたという。
勧請時期は定かではないが、祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)。
境内からは清水が湧き出て沢のせせらぎを作り、社殿の前には石橋が架けられている。 ”池”大明神の名はここからきているのだろうか?残念ながら詳しい情報は得られていない。

このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  【 2018年03月15日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)ここから水が湧き出て…

(8)境内を流れている

(9)

(10)チョッと読めない!

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ