望月様(望月右近太夫義勝の祠)  北設楽郡東栄町大字御園坂場
東栄町と豊根村の境に望月峠があり、そこには「望月様」と呼ばれている祠がある。
天正3年(1575年)5月、長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れた武田軍の落武者、望月右近太夫義勝(武田信玄の甥)は御園まで逃れてきたが、村人たちのお落人狩にあい、自ら命を絶ったという。   望月右近太夫義勝 の奥方の祠 は設楽町にある。
御園トンネル の南側から東に入る細い道があり、200m程進むと左に入る未舗装の道がある。 ここから徒歩10分程で峠に出るが、車の通った跡があるということはここまで自動車で来れるのか? でも、悪路で車体を擦りそう・・・・ 
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年04月14日撮影 】

(1) ここから左に入る未舗装の道がある。
角には車1台が停められるスペースがあり、ここから徒歩で進む。

(2) 道はかなり悪いが、車が通った跡がある。
  

(3)石がゴロゴロしていて歩き難い。車なら車体を擦りそう…

(4) 望月峠線、ここから熊野神社へ通じるのか? 

(5) 望月峠。 手前右側に入る細い道を進むと・・・・・

(6) 前方に祠が見えてくる。

(7) 望月右近太夫義勝の祠

(8)望月右近太夫義勝 の奥方の祠は設楽町にある。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ