曹洞宗高嶽山法林寺  田原市越戸町大山1025-3
曹洞宗の寺院で、山号は高嶽山、東海七福神渥美開運大師二十一霊場8番札所
天文3年(1534)俊徳禅師の開基。 本尊11面観音菩薩の他、庚申堂・弘法大師堂がある。
天正15年(1587)家康 が鹿狩りの途中、当寺で休息仮眠したおり、夢に鹿を伴った老翁が現れ「延命長寿を願うなら獲物の霊を祀れ」とのお告げがあり祠を建てたという。  その後長寿を願う人々の崇敬の念が一段と高まつた。

弘法大師  徳川家康  七福神 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ