柳田國男逗留の地碑  田原市伊良湖町宮下
柳田國男は、東京帝国大学在学中の明治31年(1898) の夏、23歳の時に伊良湖に約2ヶ月間逗留し、その滞在記 「游海島記」 は、日本民俗学の始まりの書といわれている。 その後、昭和36年頃に書かれた「海上の道」 に、「椰子の実」 の記述がある。
この逗留の碑が、伊良湖シーパーク&スパ の入口の所にあり、椰子の実記念碑 は、日出の石門 の所にある。


柳田國男 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ