渥美半島の戦争遺跡・一色機関銃陣地趾    田原市和地町前畑
太平洋岸の岩礁を利用した機関銃の銃座とコンクリート製の弾薬庫で、昭和19年(1944年)に第73師団が構築したもの。
浜に降りるには急で狭い道を下らなくてはならず、鉄パイプの手すりが設置されている。 このパイプに頼らないと、滑り落ちそうになる…
浜に降りると目の前に岩礁があり、右側の岩の中に、くりぬかれた弾薬庫がある。
東三河の戦争遺跡 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年01月27日撮影 】

(1)ここから海辺へ降りて行く

(2)

(3)細い鉄パイプに掴まらないと足を滑らせる…

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)弾薬庫の中はこんな感じ。明り取りからわずかに日が差している

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ